男の離婚準備

【男の離婚準備の基礎知識】親の介護が原因の場合

介護を女の仕事だと思っている男が多いことに驚きます。
基本的に自分の親の面倒は自分が指揮を執るのが筋かと思います。

 

夫の親の世話を妻がしても当たり前の風潮ですが、
逆に妻の親の世話を夫がするといえば、世間は驚くのではないでしょうか。

 

まだまだ日本は男尊女卑ですね。知り合いの男性は、
自分の寝たきりの母親を奥さんに任せています。

 

認知症で、胃瘻の世話もあるため一日外出はままならないし、
公的なサービスも特に使っていないと聞きました。

 

デイサービスは余っていても、入所施設は満員で一施設待機100人というのもの現実です。
自宅での介助は精神力を消耗させます。その不満を原因として、
奥さんはひそかに離婚準備をしているようだと知り合いは困っています。

 

しかし、自分が仕事を休んでするという気持ちはないようです。
介護に関する著書、テレビ番組などは豊富ですが、
思いはその親との関係や経済状況なども複雑に絡み、一様にはいきません。

 

認知症患者も増加するばかり。介護うつによる自殺や心中、殺人など暗いニュースも耳にします。
健康寿命を延ばす取り組みに行政も力を注いでいますが、
現実、人はいつどうかなるか予想できない事ばかりです。

 

40代や50代でも脳血管障害により半身不随になるケースもあり、
そう思えば保険の負担も仕方ないかもしれませんね。

 

受ける立場としても、人としての尊厳を守ってほしいと感じます。
それはプロでも家族でも基本は同じでしょう。

 

熟年層が離婚する理由として、夫の親の世話をしたくないという事も多く挙げられます。
しかし、離婚準備は慎重にしたいものです。

 

たとえば、長年専業主婦だった女性がいきなり家を出ても路頭に迷うことは間違いないでしょう。
今後の生活デザインをきちんと見据え、当面やりくりできるお金を用意し、
住居や仕事を見つけた上での離婚準備をしたいものです。